広島店のブログ

BMW Motorrad Dealer Balcom Hiroshima のブログです!

男の約束

どう??












  1. 2009/09/25(金) 17:46:12|
  2. mikasaのひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

クリスファイファーの動画

皆さんご存知クリスファイファーがドイツのBMW本社で大暴れ、F800Rに乗っています。



F800Rならこんな事もあんな事も出来るかも知れませんねぇ(笑

  1. 2009/09/25(金) 10:52:11|
  2. 新車案内|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ウィークデーツー鰻

2009年7月13日に行ったウィークデーツーリング鰻のツーレポです、鰻屋はご存知大阪屋に行ってまいりました、大将もお元気で久しぶりの鰻を堪能してきました。




7月13日久しぶりに鰻でも食べましょってことで大阪屋を目指します。



戸河内からR191を経由して益田へ向かいます。

    

左はドウメンさんのk1200R、以前の大分平成パークラインの事故でフロントホイールがトロピカルカラーになっています。

ツーリングは恐羅漢経由で農道をはしり、聖湖あたりから191に合流しました、もう定番すぎるツーリングルートですが今回はご飯を食べに行くだけなので、、、。



あさっり到着、このお店はいつ休みか分からないので事前に連絡してから行くのが吉です。仕入れの関係もありますので必ず電話して言ってくださいね!

    

大将もまだまだお元気でした!
いつも大盛りをサービスしてくれます、鰻重は2700円でした。値段は仕入れによって多少変わりますのでメニューの金額は気にしないでください。付け合せの自家製お漬物も絶品です。
今回は鰻がちょっとあまったらしく各テーブルに数枚づつサービスして頂きました☆




完食!お腹いっぱいです。
ありがとう大将!


    

9号線から裏匹見経由で。

  

休憩していたら大雨が降ってきました、通り雨でしたが強烈なあめでしばらく雨宿り。



このあとは羅漢高原からスパ羅漢を経て広島へ帰りました。

近場でお手軽ツーリングコースですオススメ!

  1. 2009/09/25(金) 01:23:46|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Japan GS Challenge 2009 in asama その4

シルバーウィークは各地で大混乱だったようですが皆様はいかがだったでしょうか?以外とお店にいらっしゃる方も多くあえて地元でゆっくりされていた方も多かったようです。

さてGSチャレンジのつづきです。
もう10月になろうとしていますが6月の記事で申し訳ないです。


前回の予選動画
by津村氏

前回は浅間のコースでスタックしたりスキルチャレンジに出場しまして会場へもどりました。
バラキ湖の会場ではスキルチャレンジの結果が発表されておりました。





あ、164番と165番がある!!

ということで予選2位で二人とも通過、え、ていうかFクラスとGクラスが一緒っておかしくねぇっすか?Fシリーズは重量的にHP2クラスかと、、、。
疑問もございましたが遊びなので適当に行きましょう!



予選に通過したわれわれは決勝の開催される特設コースへ移動して早速下見を行います。こっそりよしともさんにライン取りなどを教えて貰いました(内緒です)コースは400〜500メートルほどの比較的簡単そうなコースでした。
唯一は路面が昨日からの雨で湿気ておりまして、生えている雑草とあいまりまして非常にスリッピーこれは転倒者続出かと思いました。



T社長は回転を2000〜3000回転にあげて本気モードです。
スタート後各セクションを余裕でクリア。
画像がないけど前田も安定感ある走りでゴール。

    

さすがに決勝になると皆さん異様なほど本気モードになっていました、滑りやすい路面とあいまって大型車両のかたは次々とスリップダウン、一番後の写真はシリンダーをこすりながらコーナーを乗り越えた猛者。
ギャラリーも大興奮の決勝でした!

参加してみますと、大好きなバイクで誰でも参加できる大会はほんとうに楽しいなとおもいます。一番になりたいって気持ちが集まって会場の盛り上がりや、出場する緊張感などこの歳では忘れていたような熱い気持ちになれました♪





結果なんですが、われらT社長はF,Gクラスで優勝!
前田は表彰はされませんでしたがなんとか4位(多分)になりました。

以上GSチャレンジレポ終わり!


前田

  1. 2009/09/24(木) 00:43:59|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

Japan GS Challenge 2009 in asama その3



前回、浅間のコースで調子に乗りまくった前田はあまり人が入って来なかったチャレンジコース(だったと思う)でスタック。
本来のコースからは外れておりますので人通りも少なく10分ほど一人ぼっちでおりました。
幸いにも上級者の方が通りかかりまして、気持ち良く助けていただきました。ありがとうR100GSのおじさん!

さて、上のような埋まり方をした場合のサルベージ方法ですが、リアタイヤが空転して地中に埋まっています。
この状態でアクセルを開けていくと空転しながらタイヤのブロックで砂を掘りましてバイクの自重も相まってリアタイヤがどんどん沈下していきます。土が固かったりしている場合はこの状態で前後にバイクを揺すれば脱出することができることもあります。
が、今回の場合は全くだめで、軟質な黒土は気持ちよくリアタイアを飲み込んでいきます。
この場合は二人がかりでタンデムステップを左右より持ち、車体を持ち上げてリアタイアを穴からずらすのが有効なんですよ。
少々荒っぽいですが、車両を転倒させて引きずるのもありですね。
皆さん困ったときは思い切ってやったほうが吉です。


一休みして、スキルチャレンジの予選に参加します。
GSチャレンジでは日本一のGS乗りを決める大会があります。
もちろん任意で受けたい人だけチャレンジします、例年であればバルコム軍団はこれらには参加せず自由気ままにツーリングするのですが、今回はT社長と「参加してみようよ!」なんて軽いノリで参加決定。

    

まぁスキルチャレンジとは行っても、ちょっと柔らかい土の上をバランスをとってセクションをクリアしていく
まるで大型バイクのトライアルごっこ的な大会なんです。
参加された方はご存知かと思いますが、結構意地悪なコースで楽しめます。
最大のよさは、この年齢になって小学校の運動会でのリレーの順番が回ってくる前のドキドキや実力テストの結果を見るドキドキに近い感じの「ドキドキ」を楽しめました。年取るとこのあたりが新鮮に感じますね。
T社長、前田ともに足つき減点を一発頂きましたので「いやぁ、楽しかったねぇ〜」なんていいながら帰路に着きました。




浅間特設コースにて。
晴れてたら後ろに浅間山がばっちりの最高のロケーション。

帰路は同じく軽井沢の美しい新緑の中を鬼押ルートなどを経由しまして嬬恋へ戻ります。
このあたりは本当に良いツーリングスポットです。
たくさんあるキャベツもいい感じ。




さて、会場に帰ってみると、、、。


つづく
  1. 2009/09/20(日) 00:22:51|
  2. ツーリング|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
次のページ